県内で30年ぶりの新しい警察署「若林警察署」が完成・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区荒井東に、新しい警察署「若林警察署」が完成したというので見てきました。地下鉄東西線の東のターミナル駅、荒井駅から南へ歩いて行くと、左側に新しい警察署の建物が見えてきました。


以前は田畑が広がっている場所でしたが、地下鉄開業に伴って区画整理が行われた「荒井東土地区画整理事業地内」です。


周辺にはマンションが立ち並んで来ていて、新しい住民が増えている場所に完成しました。


撮影したのは3月末で、業務が始まる4月1日以前ということで、まだ看板の文字が見えないようにビニールシートなどで覆われていました。


建物の上部には「POLICE」と英語で書かれていて、新しい時代の警察を実感させますね。


正面玄関も警察署らしいデザインです。若林区は仙台市内の区の中で唯一、警察署が無い区でしたが、これで全ての区に警察署が設置されることになります。宮城県としては30年ぶりに新設された警察署だそうです。


西側は外壁の外側に木材を柱のように並べていて、柔らかい印象になっています。


南側から撮影。それぞれの方角の外観が違ったデザインになっていますね。敷地面積約5,800㎡、地上4階建て延べ面積約4,100㎡で、屋上には太陽光発電設備を備え、自家発電装置や非常食を備蓄した災害対策用倉庫も設置するなど、災害時にも対応出来るように考慮されています。


災害救助用のゴムボートや救命胴衣なども備えているそうで、東日本大震災の津波で大きな被害が出た沿岸部の区ならではの配慮もされています。若林区の新しい街の治安と防災の拠点として頼もしい存在になって欲しいですね。