地下鉄荒井駅前、再開発の最新状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


地下鉄東西線の東のターミナル、荒井駅の駅前再開発の進捗状況を見てきました。


荒井駅は地下鉄の駅なのでホームは地下にありますが、駅舎は地上駅になっています。駅を出て左側(東側)の目の前に大きな建物が完成していました。8階建ての複合ビル「East Fort(イーストフォート)」です。


敷地面積2,602.74㎡、建築面積946.28㎡、鉄筋コンクリート造の地上8階建てで高さ28.39m、延べ面積4,984.66㎡の規模の、店舗、事務所、共同住宅の複合ビルで、
1階から4階にテナントや医療施設が入居していて、5階から8階が戸数49の共同住宅になっています。


2018年5月に竣工しているようですが、南東側から見てみると駅の反対側の下半分の外壁に、足場が残っていました。外壁工事が遅れたのか何かの修繕工事でしょうかね。


荒井駅の右側(西側)では新しいマンションの建設工事が進んでいました。「クレアホームズ仙台荒井駅前」です。


敷地面積1,880.91㎡、建築面積935㎡、鉄筋コンクリート造の地上9階建てで高さ27.3m、延べ面積6,065㎡、戸数74戸の共同住宅です。


西側から見てみました。
現場に掲示されている「作業工程」によると現在は内装工事、外構、仕上げ工事と書かれていて、建物自体は完成しているようでした。


南側の外壁は足場の撤去が進んでいて、外観が見えるようになっていました。完成は令和2年2月15日の予定です。


次々と新しい建物が建設されている荒井駅前ですが、肝心の駅前の目の前が空き地のままになっていました。


大和ハウスが商業施設を建設する計画ですが、今のところ本格的な工事は始まっていないようですね。


荒井駅3階の屋上庭園から南側を撮影。写真の中央が大和ハウスの商業施設建設予定地です。屋上から見ると、敷地の中心部で盛り土がされてブルーシートがかけられているのが見えましたが、建設工事と関係があるのでしょうかね?左側奥に見える白い建物はライブハウスの「仙台GIGS(ギグス)」です。普段は人通りの少ない場所ですが、ライブが行われるときは駅から人の流れが出来ます。地下鉄の駅まで徒歩圏内の地域なので、荒井駅の目の前に商業施設が建設されれば、人気の場所になる可能性がありますね。どのような施設が出来るのか注目です。