(仮称)支倉複合ビル新築工事の進捗状況・2018年12月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区支倉町で建設工事中の「(仮称)支倉複合ビル」の進捗状況を見てきました。10月に見た時は、建物の一部の鉄骨が組み上がり始めたばかりでしたが、すでに建物全体の鉄骨が組み上がっていました。


学校法人長谷柳絮学園の古い校舎があった場所で建設が進んでいます。


今年8月には何もなかった場所に、わずか4ヶ月ほどで建物の外観がわかるまで鉄骨が組み上がっていて鉄骨組み上げの早さに驚いてしまいます。


東側の西公園通のほうから見ると幅が広くて、北隣のトヨタレンタリースの後ろまでビルが建っていますね。


南東側から見てみました。ビルの下半分が斜めに広がっている特徴的なデザインなのが分ります。ビルの3~11階は専門学校生の学生寮になっていて1,2階にはドラッグストア系の量販店が入る予定だそうです。


南側から見ると幅が狭くて東側とは違った印象のビルに見えます。地上11階建てで高さ39.5m、延べ面積約6,075㎡で学生寮は144戸だそうです。複合ビルの西側には長谷柳絮学園の仙台青葉服飾専門学校新校舎も建設中で認定こども園も併設されます。


複合ビルと新校舎は来年の平成31年3月に完成予定で、新学期は新しい校舎と学生寮で向かえることが出来そうですね。