(仮称)支倉複合ビル新築工事の進捗状況・2018年10月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区支倉町で建設が進む「(仮称)支倉複合ビル」の工事進捗状況を見てきました。トークネットホール仙台前の西公園通を大学病院方面に向かって北へ進んで行くと工事現場が見えてきました。


地図で見ると、ここです。 長谷柳絮学園があった場所です。


専門学校があった場所に鉄骨が組み上がっていました。「(仮称)支倉複合ビル」の新築工事現場です。


建物の北側から鉄骨を組み始めていて、すでに一部分は最上階まで到達していました。これから南側に向かって横方向に伸びていくようですね。


長谷柳絮学園の所有する土地をピーエス三菱が50年間の定期借地権を得て再開発するもので、地上11階建てで高さ39.5m、延べ面積約6,075㎡の寄宿舎と物品販売の店舗等の複合ビルを建設します。


南側のホテルグリーンライン横の道路から撮影。長谷柳絮学園は複合ビルの西側に「仙台青葉服飾専門学校」の新校舎を建設中で、複合ビルの寄宿舎は専門学校の学生が住むためのものになるそうです。


西側の専門学校新校舎も鉄骨が組み上がっていました。こちらの建物は「(仮称)長谷柳絮学園こども園・専門学校」で、地上3階建て高さ12.35m、延べ面積約1,721㎡で、認定こども園も併設されます。


西公園通側には認定こども園開園予定の看板が設置されていました。来年4月に開園予定だそうで、すでに園児を募集していました。


仙台青葉服飾専門学校の新校舎「(仮称)長谷柳絮学園こども園・専門学校」は平成31年2月28日に完成、「(仮称)支倉複合ビル」は平成31年3月15日に完成予定です。着工が今年の4月なので1年経たずに11階建ての新しいビルが出来上がるんですね。