アパホテル〈TKP仙台駅北〉の会議室棟が完成・2019年4月

SNSフォローボタン

フォローする


昨年10月にオープンした「アパホテル〈TKP仙台駅北〉」の会議室棟が完成したというので見てきました。仙台駅北側で西口と東口を繋ぐ自由通路「仙台駅北部名掛丁自由通路」を通って東口へ向かって行きましょう。


AERとPARCOの間のペデストリアンデッキを渡って自由通路を通り東へ進みます。


仙台駅北部名掛丁自由通路の東側の階段を下りて行くと、途中の踊り場にアパホテルと連結された渡り廊下が新しく作られていました。


階段の下のほうから撮影。階段を下りて外に出なくてもTKP会議室棟を通ってアパホテルへ直接行けるようになりました。

自由通路の下を通っている古い名掛丁地下道の東出入り口前から渡り廊下を見てみました。TKP会議室棟の後ろ(西側)に渡り廊下が作られていました。アパホテルの2階と直結していて会議室棟とは離れているようです。S-PALⅡの中を通って行けば仙台駅構内から外に出ることなくアパホテルへ行けることになりますね。


表側(東側)に来ました。アパホテルの南側にTKPの会議室棟が完成していました。アパホテル〈TKP仙台駅北〉は、TKPがフランチャイズでアパホテルを運営しているもので、アパホテルの1,2階は「TKPガーデンシティ仙台駅北」として宴会場になっています。


会議室棟は7階建てで1階がテナント、2~6階が1フロア1室の100名収容できる会議室、7階は3室の会議室という構成です。


1階のテナントには、コンビニのローソンが入居しました。


ホテルの周りには商店がないので、わざわざ西口や東口駅前に行かなくても買い物ができるのはホテルの宿泊客にとっては嬉しいことですね。


先にオープンしたホテル・バンケット棟に加えて会議室棟も完成したことで、アパホテル〈TKP仙台駅北〉が完全オープンしました。仙台駅のすぐ近くにもかかわらず、人通りが少ない一画でしたが、これから変わって行くのかもしれませんね。