アパホテル〈TKP仙台駅北〉の建設現場・2017年12月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


JR仙台駅東口で建設工事が進む、アパホテル〈TKP仙台駅北〉の状況を見てきました。宮城野橋(旧X橋)と駅前通交差点からは現場に建設用のクレーンが立ちあがっているのが見えました。


仙台駅前の高層ビル「アエル」や「マークワン」が立ち並んでいる場所の東側、新幹線高架の直ぐ横にアパホテルが建設されます。


駐車場だった場所に建設されますが、周囲には他にも駐車場が沢山あるので今後の再開発が期待される区画でもあります。


建設用クレーンが設置されたばかりのようで、まだ鉄骨は組み上がっていませんでした。ここにTKPがアパとフランチャイズ契約を結んで、アパホテル〈TKP仙台駅北〉が建設されます。

地上13階建て高さ43.52m、延べ面積約7,107㎡で、1~2階が「TKPガーデンシティ仙台」として複数の宴会場やレストランになり、3~13階が客室305室のアパホテルになります。


名掛丁地下道の入り口前から撮影。
写真向かって左側には新幹線高架が迫っていて奥には宮城野橋の陸橋がクロスしています。鉄骨を組み始めると意外に早く組み上がるので、今後の建設現場の変化に注目ですね。


地下道の上にある仙台駅北部名掛丁自由通路の階段のガラス越しに撮影。
隣地に6階建ての会議棟も建設するということですが、そちらの工事は始まっていないようでした。アパホテル〈TKP仙台駅北〉は来年2018年8月31日に完成、11月に開業予定です。