(仮称)ホテル京阪 仙台、建設工事の進捗状況・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区の青葉通沿いで建設が進んでいる「(仮称)ホテル京阪 仙台」の工事進捗状況を見てきました。七十七銀行本店の東側の場所です。


以前は「日乃出620駐車場」だった場所で、青葉通に面しているのは建設予定地の一部だけなんですね。

青葉通側に「建築計画のお知らせ」が掲示されていますが、名称は「(仮称)青葉区中央三丁目計画」のままでした。敷地面積約1,303㎡、建築面積850㎡、地上14階地下1階、高さ53.02m、延べ面積8,350㎡、建物の用途はホテル、店舗、駐車場と書かれていました。


建物の表側になると思われる東側の東三番丁通から見てみました。


東三番丁側には「(仮称)青葉区中央三丁目ホテル計画」と書かれたパネルが掲示されていましたが、すでに公表されている「(仮称)ホテル京阪 仙台」という名称は、まだ出ていませんでした。


南東側の交差点から撮影。ここからは敷地全体が見渡せます。建設予定地の周囲が工事用の防護パネルで囲まれていますが、一部、内部が見える場所があったので見てみました。


工事現場の内部を見てみると地面が大きく掘削されていて、以前の駐車場だった建物の地下構造物の解体作業中でした。


南側から撮影。解体工事も間もなく終わり、いよいよ新しいビルの建設工事が始まりそうな状態でした。「(仮称)ホテル京阪 仙台」は来年7月31日に完成予定です。