アークホテル仙台跡の最新状況・2019年1月

SNSフォローボタン

フォローする


昨年2018年3月に閉館した「アークホテル仙台」の建物が現在どうなっているのか見てきました。


青葉通沿いの検察庁向かい側で、オフィスビル「仙台青葉ウィングビルA棟」の北西側を囲むようにL字型に建っていて、1階部分で繋がっています。


昨年5月に見た時はホテル部分が閉鎖されましたが、オフィスビル棟の「仙台青葉ウィングビルA棟」は使用されていました。しかし、今回見てみたらオフィスビル部分を含むビル全体の周囲が白いパネルで囲まれていました。


ビルの窓にはテナント募集の看板が出ていましたが、オフィスビルへの入り口がふさがれていて、すでにビルは使用されていないようでした。


そもそもアークホテルが閉館したのは建物の耐震基準が不足しているためだったので、ホテルと繋がっている「仙台青葉ウィングビルA棟」も同じような状態だったんでしょうね。

北西側から見てみました。建物の周囲が全部囲まれているわけじゃなくて、出入り口部分がパネルで塞がれて建物内に入れないようにしたようです。


現場には解体工事のお知らせなどは掲示されていなかったので、すぐに建物を解体するわけじゃないのかなという印象でした。


再び青葉通側から撮影。建物を所有する大和ハウス工業は、昨年3月にアークホテルが閉鎖された時点では今後のことについては未定と言っていましたが、オフィスビル棟も閉鎖したので何か動きがあったのかもしれません。青葉通沿いの好立地なので今後の動向に注目ですね。

コメント

  1. おひるねちゅう より:

    https://www.khb-tv.co.jp/news/localNews/201901241854010.html

    24日放送のKHBテレビのニュースにて
    東口のオフィスビル(現エキツジ)の最新情報が報道されていました。新オフィスビルの外観なども発表されたようです。

    • cooyan より:

      情報提供ありがとうございます!
      東口のオフィスビルは間もなく工事が始まると思うので
      現地で何か動きがあったら見に行って状況をお伝えしたいと思います^^