GSビル解体工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅前の青葉通と愛宕上杉通の交差点南東角で行われている「GSビル」の解体工事進捗状況を見てきました。5月に見た時よりも更に低くなっていて、道路への落下物を防ぐために防護パネルに取り付けられていた庇も撤去されました。


現場に掲示されている作業工程によると、現在は2階部分の躯体を解体しているそうです。


青葉通側から見てみました。防護パネルも2,3階位まで低くなっていますね。


東側の暫定商業施設「EDEN」から見える空が広くなってきました。


西側のLABI前のペデストリアンデッキからは、背後の高層ビル「AER」と「仙台マークワン」がだいぶ見えるようになってきました。今回見てみたら、青葉通を挟んだ北側にある旧さくら野百貨店のビルでも工事が行われていました。


旧さくら野百貨店の建物の一部に足場が組まれて外壁の補修作業をしていました。いずれは解体するであろう建物ですが、解体工事が始まるまで日数がかかるので、そのあいだに外壁が崩れたりしないように補修するようです。こちらも早く再開発に向けて動き出して欲しいものですね。


最後に、駅前の高層ビル「AER」の展望台からGSビルの解体現場を見てみました。2階部分が一部を除いて床だけになっていました。いよいよ解体工事も終盤に近づいてきたようです。