旧アークホテル仙台解体工事の進捗状況「(仮称)仙台青葉通り計画」・2021年7月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


青葉区大町の青葉通ぞいにあった「旧アークホテル仙台」の解体工事進捗状況を見てきました。現場には「仮称)仙台青葉通り計画のうち既存建物解体工事」と書かれたパネルが設置されています。


6月に見た時にはオフィス棟「仙台青葉ウィングビルA棟」の建物が解体されて無くなっていましたが、今回見てみたらホテル棟も解体が進んでいました。


上から見るとV字型をしていたホテル棟も3~4階位の高さまで解体されていて、全ての解体が終わるまであとわずかという感じになっています。


南西側の仙台高等検察庁の方から撮影。建物が低くなって空が広く感じますね。


反対側(北西側)の大町通から撮影。
解体工事は9月終了予定です。「仮称)仙台青葉通り計画のうち既存建物解体工事」の既存建物解体工事が終了すれば、「(仮称)仙台青葉通り計画」の概要も発表が近そうですが、どうなることでしょうね。