シエリアタワー仙台青葉通の建設工事進捗状況・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区大町の青葉通沿いで建設中の高層マンション「シエリアタワー仙台青葉通」の最新状況を見てきました。


晩翠草堂の東側、NTT東日本青葉通ビルの北側で関電不動産開発が建設しています。


建設用のパワークレーンが設置されてから数か月が経ちましたが、まだ建物は組み上がってきていませんでした。


現場に敬意されている作業予定によると、今週は鉄筋工事や型枠工事をしているようです。


西側からは工事現場が見えました。素人目には5月に見た時と変わってないような感じですが、地下部分の工事をしているんでしょうね。


タワークレーンの足元を見てみても、まだ地上部分の構造物は見えていませんでした。後ろの方に見えるクレーンは、東側の隣接地で建設中の新しいオフィスビル「新仙台ビルディング」のものでシエリアタワーとは無関係です。「シエリアタワー仙台青葉通」は敷地面積約1,021㎡、建築面積約612㎡、鉄筋コンクリート造の地上23階建てで高さ73.25m、延べ面積約9092㎡、総戸数90戸の規模の高層マンションになります。


北側から撮影。関電不動産開発初の仙台での高層マンションは2021年3月に完成予定です。