ホテルグランバッハ仙台セレクト・宮城野ビル(仮称)建設工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅東口の宮城野区榴岡で建設中の新しいビル「宮城野ビル(仮称)」の工事進捗状況を見てきました。


仙台駅から東へ伸びる宮城野通沿いの「損保ジャパン仙台ビル」の東側、「仙台MTビル」の北側で建設工事が進んでいます。


現場の白いパネルの上にクレーンが伸びていますが、工事がどこまで進んでいるのかは見えませんね。


現場に掲示されている作業工程によると、現在はコンクリート打設工事が行われているとのことです。13日からは躯体工事が始まるようで、いよいよ鉄骨が組み上がっていくのでしょうか。


今回見てみたら、4月に見た時には無かった完成予想図が現場のパネルに描かれていました。曲線を多用した外観のデザインで、左側の「損保ジャパン仙台ビル」よりもだいぶ大きいですね。「宮城野ビル(仮称)」は敷地面積約1,888㎡、建築面積約1,482㎡、鉄骨造の地上16階建てで高さ64.948m、延べ面積約13,724㎡のビルで、1~6階が店舗とオフィス、7~16階が客室数150室の「ホテルグランバッハ仙台セレクト」になります。


反対側(北側)から見てみたら、ミキサー車からパイプが伸びていてコンクリートを流し込んでいる作業をしているようでした。「宮城野ビル(仮称)」は2020年6月30日に完成予定で、ホテルグランバッハ仙台セレクトは夏ごろにオープン予定です。