(仮称)御宿 野乃仙台 新築工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区の広瀬通沿いで建設工事が始まった新しいホテル「(仮称)御宿 野乃仙台」の工事進捗状況を見てきました。仙台市ガス局のショールーム「ガスサロン」の広瀬通を挟んだ向かい側(北側)の建設現場にボーリング用の巨大な重機が導入されていました。


5月初旬に見た時は駐車場が閉鎖されたばかりでしたが、今回見てみたら現場が白いパネルで囲まれていて、ボーリングの作業をしているようでした。地盤の調査か、温泉の掘削でしょうか。


反対側(北側)の「R&Bホテル仙台広瀬通駅前」の方から見てみました。広瀬通側は白いパネルが立てられていましたが、こちら側はメッシュ的なパネルだったので、現場の中が透けて見えました。御宿野乃はホテルドーミーイン系列の和風プレミアムブランドで、天然温泉がウリのホテルなので温泉の掘削をするのかもしれませんね。


「(仮称)御宿 野乃仙台」はホクエツが建築主で、敷地面積約689㎡、建築面積約420㎡、鉄筋コンクリート造の地上14階建てで高さ50.74m、延べ面積約4,453㎡で客室数125室、最上階には温泉大浴場が設けられます。


再び広瀬通側から撮影。2021年2月28日の完成に向けて建設工事が本格化しましたが、和風プレミアムブランドのホテルということで、外観や内装デザインなどがどうなるのか気になりますね。