(仮称)ダイワロイネットホテル仙台一番町新築工事の進捗状況・2019年5月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区の広瀬通沿いで建設中の新しいホテル「(仮称)ダイワロイネットホテル仙台一番町」の工事進捗状況を見てきました。東二番丁と一番町の間でフォーラスの向かい側(北側)です。


昨年8月から何度か建設工事の状況を見てきましたが、今回初めて鉄骨が姿を現しました。


敷地の南西側から鉄骨が組まれはじめていて、一部は4階部分まで組み上がっていました。


(仮称)ダイワロイネットホテル仙台一番町新築工事は敷地面積約814㎡、建築面積約638㎡、鉄骨造で地上11階建て、高さ39.955m、延べ面積約5,368㎡で来年2月20日の完成予定です。

北東側から撮影。北側の隣接地に「変なホテル仙台(仮称)」 が建設されることが5月10日付の河北新報で報道されました。ダイワロイネットホテルの建設地と土地が接しているため、一体的に再開発されるのではという予想もありましたが、別々にホテルが建設されることになりました。


ロボットが接客をするという「変なホテル」は物珍しさと東北初進出で人気が出そうですが、個性的で特徴のあるホテルなので、ダイワロイネットホテルとは住み分けが出来そうですね。