元寺小路福室線の最新状況、その1・2018年3月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台市中心部の広瀬通から東へと伸びる都市計画道路「元寺小路福室線」で整備工事が完了していなかった五輪工区が開通、広瀬通から産業道路(県道仙台塩釜線)までが1本に繋がったというので見てきました。今回は西側の宮城野橋(X橋)付近の状況をレポートします。


宮城野橋の西端を跨ぐペデストリアンデッキの北側の部分が完成していました。宮城野橋の拡張工事に伴うペデストリアンデッキの架け替えで、唯一工事が終わっていなかった部分です。


エレベーターへと繋がるように西側へと伸びる新たなデッキが作られました。


エレベーター横の階段は以前は応急的なものでしたが、ペデストリアンデッキと同じデザインのフルスペックなものに変更されました。


駅前の高層ビル「アエル」の北側もリニューアルされました。宮城野橋の壁面がレンガ造り的なデザインになり、ベンチもレンガ風のものになりました。


一番奥にある銀杏の木は広瀬通の中央分離帯から移植された銀杏です。


「広瀬通移植樹 平成29年3月」と書かれたプレートも設置されていました。


北側広場の奥にはペデストリアンデッキへと昇る階段も設置されました。


ペデストリアンデッキと宮城野橋が繋がる部分も完成していました。ここを渡ればアエルやパルコの東側のデッキを通って仙台駅へと直接行き来できます。


ここから新幹線の高架下を通って東へと向かって行ってみましょう。


次回は、この先の榴ヶ岡から五輪付近の新たに道路が開通した場所を見ていきます。

元寺小路福室線の最新状況、その1・2018年3月

元寺小路福室線の最新状況、その2・2018年3月

元寺小路福室線の最新状況、その3・2018年3月