仙台駅東口のアンパンマンストリート、その2・2017年9月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は前回に引き続き、仙台駅東口に完成したアンパンマンストリートを見ていきたいと思います。地下鉄東西線、宮城野通駅の北口から東八番丁通に出ると目の前に石像がありました。


敵キャラながらアンパンマンに次ぐ人気を誇る、ばいきんまんです。昨年は1期工事が終わったばかりの時で、まだビニールに包まれていたので、今回初めて撮影出来ました。仙台駅東口から来て、ばいきんまんの石像を見るには、アンパンマンミュージアムとは反対方向へほんの少しですが行かなくてはならないのが少々残念です。


宮城野通交差点を越えて東八番丁通を北へと向かうと、セブンイレブンとローソンが向かい合う場所のローソン側に、昨年はなかったキャラクターの石像が新たに設置されていました。しょくぱんまんです。この先は、ずっとこの並びに石像が設置されています。


さらに北へ進むと、アゼリアヒルズ手前の関紙店前にドキンちゃんの石像があります。昨年の1期工事で設置されました。他の石像と同じく御影石製ですが色が茶色みがかっていますね。女の子キャラなので色が違うのでしょうか。


その先の、いたがき本店前にはメロンパンナちゃんがいました。やはり女の子キャラなので茶色系の色ですね。


架け替え工事が完了した宮城野橋(旧X橋)から東に延びる道路、元寺小路福室線の交差点を渡って歩いて行くと最後の石像のアンパンマンが見えてきました。石像は全部で7体ありますが、そのうち2体がアンパンマンです。仙台駅東口を出て最初の石像と、アンパンマンミュージアム手前の最後の石像が主人公のアンパンマンなんですね。


アンパンマンの石像から歩いてすぐの場所に、仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールがあります。ガラス張りのプレイルームが見印です。


震災直後の2011年7月に開業してから早くも6年が過ぎ、仙台の子供向け娯楽施設として、すっかり定着した感があります。


アンパンマンストリートと呼ばれている道は、神戸市のアンパンマンミュージアムの近くや高知県などにもありますが、仙台でも名前が定着して東口を訪れる人が更に増えるきっかけになって欲しいなと思います。