アパホテル〈TKP仙台駅北〉の建設工事進捗状況・2018年4月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


全線開通した元寺小路福室線に架かる陸橋、宮城野橋(X橋)の南東側で建設が進む「(仮称)アパホテル〈TKP仙台駅北〉」の工事進捗状況を見てきました。今年1月に見た時には半分位の高さだった鉄骨が、約3ヶ月ほどで最上階まで組み上がっていました。


新幹線の高架下を通って東側に来ました。建物の外壁も半分位まで取り付けられていますね。


建物の目の前にある駐車場から撮影。
1階と2階は天井高5m、収容人数約300名の大宴会場や約50名収容の中宴会場などを有する「TKPガーデンシティ仙台」とし、3~13階がアパホテルとしてTKPがフランチャイズ契約して運営します。低層部分が、まだ工事用のネットで覆われていました。


TKPは所有する隣接地に会議室棟も建設しますが、その場所に建築計画のお知らせが掲示されていました。ホテルの南側の隣接地で平屋の高橋たばこ店があった場所です。


「(仮称)TKP仙台駅北ビル」という名称で地上7階建て、高さ27.49m、延べ面積約1,187㎡、今月着工して今年9月30日に完了予定と記載してありました。わずか6ヶ月で完成するんですね。


西側の建物裏手、名掛丁地下通路の階段前から撮影。
写真向かって右下の平屋の建物がある場所に7階建ての会議室棟が建設されます。


こちらは(仮称)アパホテル〈TKP仙台駅北〉の建築計画のお知らせです。
地上13階建てで高さ43.52m、延べ面積約7,107㎡の規模で今年8月31日に完成予定です。


仙台駅前の高層ビル「アエル」の31階展望室から撮影。
仙台駅の東西を結ぶ新しい道路、元寺小路福室線と東北新幹線が交差する場所に新しい建物が出来上がってきました。


仙台駅の西側、アエルとパルコの間からも姿が見えるようになってきました。仙台駅の東と西の人の往来に、また一つ新しい流れができそうですね。