元寺小路福室線沿いと周辺の再開発、Part3・2020年2月

SNSフォローボタン

フォローする


元寺小路福室線と周辺の再開発を見ていく3回目の最後は、「二十人町西1交差点」の東側から見ていきます。交差点の東側に新しいマンションが完成間近でした。


「(仮称)ブランズ榴岡」の建設工事現場です。昨年9月に見た時には7、8階あたりまでしか組み上がっていませんでしたが、今回見てみたら建物自体は完成していて、工事用の防護ネットも道路側を残して撤去されて外観が見えるようになっていました。


敷地面積396.71㎡、建築面積268.3㎡、鉄筋コンクリート造の地上10階建てで高さ33.9m、延べ面積2,072.67㎡、戸数39戸のマンションで3月に完成予定です。


「(仮称)ブランズ榴岡」の北東側では、新しいマンションが姿を現していました。以前は「(仮称)ドミール仙台東口」という名前で建設工事が進んでいましたが、「ドミール仙台榴ヶ岡」という学生向けのワンルームマンションになります。


元寺小路福室線から1本北側の道路に面して建設されました。建物自体は完成しているようですが、まだ外構などの工事が行われていました。


敷地面積551.34㎡、建築面積299.76㎡、鉄筋コンクリート造の地上10階建てで高さ30.95m、延べ面積2,062.25㎡、戸数81戸の規模で、新年度から入居が始まるようです。


元寺小路福室線沿いに戻って東へ進むと、建築計画のお知らせが掲示されているものの、工事がストップしている物件があります。「(仮称)ミライズ仙台駅東8番館 新築工事」の建設現場です。


約1年前までは掘削工事などが行われていましたが、現在は鉄板が敷かれて駐車場になっています。敷地面積518.7㎡、建築面積350.16㎡、鉄筋コンクリート造の地上10階建てで高さ31.95m、延べ面積3,004.63㎡、戸数72戸のマンションが建設されます。2020年5月31日の完成予定は遅れるでしょうが、建築計画のお知らせが掲示されたままなので、いずれは工事が再開するんでしょうね。


二十人町交差点の東側、榴岡公園の手前まで来ました。ここにも新しいマンションが完成していました。「(仮称)ミライズ仙台駅東7番館 新築工事」という名称で工事が行われていましたが、「MIRAIZU RESIDENTIAL SENDAI 2」という正式名称になりました。


敷地面積396.34㎡、建築面積296.05㎡、鉄筋コンクリート造の地上9階建てで高さ28.79m、延べ面積2,290.66㎡、戸数62戸で今月中に完成予定ということで建物自体は完成していました。


エントランスが大きなガラス張りになっていますね。現在は内装の工事が行われているようでした。3回に分けて元寺小路福室線と周辺の再開発状況を見てきましたが、仙台駅まで徒歩圏内ということで、マンションの建設が活発に行われていました。完成したマンションがあれば、新たに計画が発表されたマンションもあり、まだまだマンションが増えそうな地区ですね。