(仮称)中心部救急出張所新築工事の進捗状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅の北側で東口と西口を結ぶ陸橋「宮城野橋(旧X橋)」の下で建設工事中の「(仮称)中心部救急出張所新築工事」の進捗状況を見てきました。


宮城野橋の南側には約1年前に「アパホテルTKP仙台駅北 」がオープンしています。


宮城野橋からアパホテル前の道路へ降りる階段から見てみると、橋脚の間に構造物が出来つつあるのが見えました。


「中心部救急出張所」とは、中心部への救急車の到着時間を短縮するために建設される救急車の待機所です。9月に見た時よりも鉄骨の組立が進んでいて、橋の底面に付く位になっていました。


現場に掲示されている「今週の作業予定」によると、現在は「建築物等の鉄骨の組立等」「仮設工事」が行われているそうです。令和2年2月14日まで工事が続きます。


宮城野橋の下は結構広いスペースがあるので、救急車の待機所としての利用は、まさに有効活用です。


北東側から撮影。
中心部へ救急車が迅速に到着することによって、一人でも多くの人命が救われるようになってほしいものですね。