(仮称)フィル・パーク仙台東口プロジェクト新築工事・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


広瀬通と駅前通の交差点から線路を超えて東側へと繋がる陸橋、宮城野橋(旧X橋)の南側に新しい建物が出来上がってきていました。「(仮称)フィル・パーク仙台東口プロジェクト新築工事」です。


宮城野橋から下の道路(東六番丁)へ降りる階段の途中から見てみました。全体を覆っている防護ネットの上の方から建物の外観が少しだけ顔をのぞかせていました。


9月の初めに見た時は更地の状態でしたが、わずか3か月弱で新しい建物が出来上がりつつあります。


現場に掲示されている「今週の作業予定」によると、現在は内外装の仕上げ工事をしているということで、完成間近のようですね。


西側の「アパホテルTKP仙台駅北」の前から撮影。
(仮称)フィル・パーク仙台東口プロジェクトは、敷地面積390.19㎡、建築面積308.67㎡、鉄骨造の地上3階建てで高さ9.95m、延べ面積834.09㎡で、用途は自動車車庫・飲食店のビルになります。


南側の駐車場から撮影。
1階が駐車場で、2階と3階が飲食店が入居するテナントスペースになっています。


北側から見てみました。写真の奥に見えるのがアパホテルです。仙台駅周辺の繁華街からは微妙に離れた場所ですが、アパホテルの宿泊客で賑わいそうですね。