元寺小路福室線沿いの再開発、後編・2019年2月

SNSフォローボタン

フォローする


前回に続いて、元寺小路福室線沿いの建設工事現場を見ていきたいと思います。二十人町西1交差点から東に進んで行きましょう。


榴岡小学校の北側に3ヵ所目の建設工事現場が見えてきました。ここも以前は駐車場だった場所です。


福岡県の建設会社「未来図建設」の「(仮称)ミライズ仙台駅東5番館新築工事」です。


建築計画のお知らせによると、敷地面積約518㎡、建設面積約362㎡、地上10階建てで高さ31.95m、延べ面積約3,030㎡、総戸数72戸のマンションが建設されます。来年2020年5月31日に完成予定だそうです。


二十人町交差点の東側から緩やかな上り坂になり、坂の上の榴岡公園へと向かって行きますが、その手前に最後の工事現場がありました。昨年完成したマンション「108榴岡公園」の東隣の場所です。


ここの工事現場には、建築計画のお知らせなどの工事内容を知らせるような看板はありませんでした。あまり広い面積ではなので大きな建物は建たないのかなという感じでしたが、今後の動向を注視したいですね。


榴岡公園の手前から振り返って今歩いて来た道路を見てみました。現在進行中の4ヵ所の工事は全て道路の南側(写真左側)で行われていましたが、北側の歩道沿いにも駐車場として暫定的に利用されている土地が多くあるので、今後も新たな建設工事が始まる可能性が高い区間です。前回と今回見てきた3ヵ所の建設工事は、いずれも10階前後のマンション建設でした。出来れば複数の土地をまとめて新しい街の顔となるような大規模な再開発を行って欲しいなと思いますが、現実的には色々と大変なのかもしれませんね。