(仮称)仙台素敵プロジェクトとプレシスあすと長町エクレール・2017年12月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台市南部の再開発地区、あすと長町のIKEAの東側では一建設の15階建てのマンション「プレシスあすと長町エクレール」が2019年1月の完成に向けて建設工事が進んでいます。現在は4,5階部分位まで高くなっているようです。


プレシスあすと長町エクレールの南東側には住友不動産の高層マンション「シティタワー長町新都心」が今年完成しましたが、その南側に新たな高層マンション建設のための2基のクレーンが立ちあがりました。あすと長町大通から一本東に入った道路沿いの場所です。


10月に見た時には1基のクレーンだけが設置されたばかりでしたが、今回は2基設置されていて、いよいよ高層マンションの建設工事が本格化したことを感じさせました。


住友不動産とワールドアイシティの共同プロジェクト「(仮称)仙台素敵プロジェクト」の建設現場です。なんとも漠然とした抽象的な名称ですが、マンションの正式名称が決定するのは少し先になりそうです。


住友不動産の高層マンションといえば「シティタワー」という名称が使用されていて、仙台市内にも多くのシティタワーシリーズが存在していますが、今回はワールドアイシティとの共同プロジェクトということで、シティタワーシリーズとは違う名称になるのでしょうか。


建設用クレーンの背後には、ワールドアイシティと野村不動産が共同で建設した高層マンション「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS」が見えています。野村不動産も「プラウド」の名称を使用しなかったので、「シティタワー」の名称は使用しない可能性が高そうですね。


まだ完成予想図が発表されていませんが、1階と2階の一部が組み上がった形状を見てみると、南北方向に細長く伸びた形のマンションになりそうです。


すぐ北側には、同じ住友不動産の高層マンション「シティタワー長町新都心」があるので、なるべく眺望や日照を遮らないようにするための配置なんでしょうね。


地上24階建てで高さ80.75m、延べ面積約44,360㎡、総戸数391戸で平成31年7月に完成予定です。


あすと長町中央公園から北方向を見てみました。中央の巨大なマンションが「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS」です。向かって右側に見えるのが「仙台素敵プロジェクト」の建設用クレーンです。向かって左側の奥には「パークタワーあすと長町」の建設用クレーンも見えています。いずれも総戸数400戸前後の大規模なマンションで、この数年で長町地区の居住人口が一気に増えそうです。