エスパル仙臺みやげ館の改装工事・2018年9月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅地下の「エスパル仙臺みやげ館」が改装工事のために閉館中だというので見てきました。仙台駅東西地下自由通路を挟んで北側の、食品や総菜などを扱っている「エスパルキッチン」は平常通り営業していますが、南側はシャッターが下ろされている状態でした。


シャッターの前には、改装中だということを知らせる看板が出ていました。8月20日から工事が始まったようです。


仙臺みやげ館の中を南北に通る通路は自由に行き来できるようになっていましたが、両側にあった店舗は全て閉店していました。


通路を通って仙臺みやげ館の南側に来ました。写真奥のほうには在来線のホームに入る地下の改札があります。


ここから南側には、地下レストラン街がありますが、こちらは平常通り営業をしています。


改装工事は11月まで続けられるということで、テナントの中には今回の工事を機に他へ移ったり撤退してしまった店などもあるようです。


再び東西地下自由通路に戻ってきました。仙台駅の地下は東西の往来や地下鉄とも直結していて人通りが多い場所なので、早く改装工事を終えて営業を再開して欲しいものですね。


11月の再オープン後は、どのような新しい「仙臺みやげ館」になるのか、楽しみに待ちたいと思います。