杜の都信用金庫新本店ビル新築工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区国分町の佐正ビルと松栄第2ビルの跡地で建設中の「杜の都信用金庫新本店ビル」の最新状況を見てきました。定禅寺通の交差点から国分町通を北へ向かうとガラスウォールの建物が見えました。


4月に見た時には、外観を覆っていた防護ネットの撤去作業中でしたが、今回見てみたら外観が完全に見えるようになっていました。


北東側の表小路との交差点から撮影。6月12日に工事が完了予定なので建物自体は完成していて、現在は外構工事と建物内部の作業中のようでした。


北側から撮影。敷地面積約1,198㎡、建築面積約953㎡、鉄骨造一部鉄筋コンクリート造の地下1階地上6階建てで高さ29.3m、延べ面積約5,582㎡のビルですが、5階と6階部分が建物の南西側にセットバックしているので、道路側から見ると4階建てに見えますね。


北西側から撮影。杜の都信用金庫新本店ビルは7月8日に本店営業部が移転オープン予定です。

※参考リンク
杜の都信用金庫・公式ホームページ