シエリアタワー仙台青葉通の建設工事進捗状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区大町の青葉通沿いで建設が進んでいる関電不動産開発の「シエリアタワー仙台青葉通」の工事進捗状況を見てきました


青葉通を挟んだ南側にはNTT東日本の仙台青葉ビルがあり、西側にはビル1棟を隔てて土井晩翠の住宅跡の「晩翠草堂」があります。


青葉通側(南側)から見ると、約1か月前に見た時よりも更に高くなっているのが分かりました。


現場に掲示されている「作業予定」によると、現在は3階部分の仮設工事、鉄筋工事、型枠工事を行っていると書かれていました。


西側から撮影。西側の一方通行の細い道路「元荒町通」に沿ってギリギリに建てられていますね。


北側の駐車場から撮影。
敷地面積1,021.99㎡、建築面積612㎡、鉄筋コンクリート造の地上23階建てで高さ73.25m、延べ面積9,092.49㎡、戸数90戸の規模で2021年3月に完成予定です。