白松がモナカ本舗の中央店が解体・2019年12月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台市中心部のアーケード街に更地になっている場所が出来ていました。ハピナ名掛丁の愛宕上杉通西側のアーケード内です。


Ever-iビルと中央ミドリビル に挟まれた一画が更地になっていました。


仙台の老舗菓子店として有名な「白松がモナカ本舗」の中央店が閉店し、建物が解体されました。白松がモナカの店舗は、この近くにはエスパル内と青葉通にもあるので、そちらに統合されたのでしょうか。


現場には看板や告知板などは何も掲示されていなかったので、この場所が今後どうなるのかは現時点では不明です。


アーケード側から見てみると、青葉通のリッチモンドホテルプレミア仙台駅前の建物が見えました。このままの状態だと雨や雪が降るとアーケードの中に吹き込んでくるので、見栄え的にもパネルなどで塞いで欲しいものですが、どうなるんでしょうね。


西側から撮影。
仙台市中心部で人通りも多い場所なので、更地のままで長期間過ぎるのは避けて欲しいものです。今後の再開発情報が待たれますね。