青葉山公園・五色沼整備工事の最新状況・2018年4月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台城大手門隅櫓の下にある五色沼は水質改善のために水を抜いて水底の清掃や設備の更新などの整備工事を行っていましたが、今回行ってみたら水が再び引かれて元の姿に戻っていました。


まだ、以前よりも水の量が少なめでしたが、これから徐々に元の水量に戻っていくものと思われます。


五色沼の周囲を囲む手すりが新しいものに替えられていました。五色沼側には無かった歩道も整備されて、訪れた人たちが安全に五色沼のほとりを歩けるようになりました。


五色沼は日本フィギュアスケートの発祥の地として観光に訪れる人が増えているので、観光地としての安全性や快適性を重視して整備したようです。


水面が太陽の反射で、まるでスケートリンクの氷のようにキラキラと光っていました。


もとは仙台城の堀だったので、城の建物が残っていない仙台城としては石垣とともに貴重な遺構のひとつでもあります。


博物館の入り口側から隅櫓の下の方へと行ける遊歩道が綺麗に整備されたので行ってみましょう。


五色沼は西側でふたつに分かれていました。写真向かって左側が手前の沼で右側が奥の沼です。その間を渡れるようになっています。


一番奥の場所では、崖の上から水が流れ出ているのが見えました。ここから五色沼へと水が流れてきているんですね。


一番奥から振り返ってみました。
崖の上から流れてきた水は、一旦、写真手前の沼に溜まってから下の沼へと流れて行ってるようです。


五色沼に一番近い最寄り駅の地下鉄東西線、国際センター駅前には仙台出身のフィギュアスケート選手でオリンピック金メダリストの荒川静香さんと羽生結弦選手の記念モニュメントが立っています。羽生選手は今年の平昌オリンピックでも2連覇を果たすという偉業を達成したので、更にもう一基のモニュメントを設置する方向で検討が進んでいるそうです。


今月4月22日には、仙台市内で羽生選手の凱旋パレードの開催も決定しています。4年前のパレードの時には9万人を超える人たちが訪れました。今回は更に多くの集客が見込まれていて、国際センター駅や五色沼にも多くのファンの人たちが訪れることが予想されます。五色沼に水が無かったらガッカリさせてしまっていたと思うので整備が間に合って良かったですね。