パークホームズ仙台大町 ザ レジデンスの建設工事進捗状況・2018年4月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉通と西公園通の交差点、北東角に建設中の三井不動産レジデンシャルのマンション「パークホームズ仙台大町 ザ レジデンス」の工事進捗状況を見てきました。今回は青葉通の西側を流れる広瀬川に架かる大橋から向かって行きます。


大橋を渡って東側へ進むと、坂道の先に新しいマンションが見えました。昨年12月に見た時は工事用の防護シートで覆われていましたが、現在は薄いネットに変わっていて、外観が見えるようになっていました。


西公園通との交差点まで来ました。
青葉山や広瀬川などの自然の風景を堪能できるように西側にベランダが設けられていますね。


工事用のパネルの一部が撤去されて1階部分も見えていました。ここは以前、輸入車販売のヤナセ東北があった場所でしたが、完成予想図を見ると1階にはベンツのマークが描かれているので、再びヤナセの店舗が入るようです。


青葉通側から撮影。
地上15階建てで総戸数91戸。マンションのすぐ隣は地下鉄東西線の大町西公園駅の出入り口になっています。


東側から撮影。
こちら側には廊下や非常階段などが設けられています。


マンションの目の前は仙台市内の桜の名所のひとつ、西公園です。撮影した日は桜が満開で見頃の時で、お花見に訪れた多くの人たちで賑わっていました。


春にはベランダからお花見ができ、夏には七夕の花火が目の前で見られる最高の立地ですね。


広瀬川の対岸にある地下鉄東西線の国際センター駅から撮影。
パークホームズ仙台大町 ザ レジデンスは今年7月に竣工予定です。