パークタワーあすと長町、建設工事の進捗状況・2019年1月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の再開発地区あすと長町で三井不動産レジデンシャルと伊藤忠都市開発が建設している高層マンション「パークタワーあすと長町」の建設工事進捗状況を見てきました。JR長町駅の東口を出ると左側に巨大なマンションが建っています。


長町駅の目の前、駅前ロータリーの北側という好立地です。

昨年11月に見た時点で最高層階まで組み上がっていましたが、今回見てみたら建設用のタワークレーンが撤去されていて完成間近なのを感じさせました。


南東側から撮影。地上28階建てで高さ92.84m、延べ面積約49,997㎡、総戸数468戸の東北一の規模の巨大マンションが姿を現しました。


東側の壁面は防護シートに覆われていて、まだ外観が見えませんが建物の大きさは判りますね。


北側から見てみました。こちら側は薄いネットに覆われていますが外観が見えるようになっていました。


敷地の北側にある「KHB東日本放送ぐりりスポーツパーク」から撮影。両側に並ぶ商業施設の間に巨大なマンションが建っていて新しい風景になりました。


北西側から撮影。パークタワーあすと長町は今年9月の竣工に向けて着実に建設工事が進んでいるようですね。