アマゾン物流センター「DPL仙台長町」の最新状況・2018年5月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の再開発地区「あすと長町」の南端で建設中の物流施設「DPL仙台長町」の最新状況を見てきました。JR太子堂駅の東側、あすと長町大通から1本東へと入った場所に大きな建物が姿を現しました。


トーキン工場跡地の広大な敷地の西側に建設中の地上3階建て延べ面積約33,448㎡の物流施設は、すでに外観が完成しているようです。


南側から撮影。
建物には看板や文字などは、まだ取り付けられていませんでした。


大和ハウスが、特定企業向けの物流施設として建設して貸し出すもので、ここの施設はネット通販大手のアマゾンが物流センターとして運営することが発表されていますが、今のところアマゾンのロゴなどは無いようです。


西側から撮影。
南北方向に長い建物ですね。グーグルマップで、おおざっぱに距離を測ってみたら大体145m位はありそうな長さでした。


建物の北側に「DPL仙台長町」の看板が設置されていました。南側の建物正面にはアマゾンの看板が設置されるのでしょうか。アマゾンの看板が取り付けられたら、付近の人々の注目を一気に集めそうですね。今月末に完成予定です。