パークタワーあすと長町、建設工事の進捗状況・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の「あすと長町」で三井不動産レジデンシャルと伊藤忠都市開発が建設している高層マンション「パークタワーあすと長町」の工事進捗状況を見てきました。


JR長町駅東口の目の前で建設中です。駅から歩いて2分だとか。


長町駅の高架を挟んで西側と東側に高層マンションが立ち並ぶ新しい風景が誕生しました。


現場に掲示されている「建築計画のお知らせ」によると、敷地面積約6,616㎡、建築面積約3,301㎡、地上28階建てで高さ92.84m、延べ面積約49,997㎡、総戸数468戸の巨大マンションです。


ほぼ外観は完成していて、建物全体を覆っている薄い防護ネットが透けて外装が見えています。現在は内装の作業中ということで、外側は1月に見た時と変化は無いようですね。


マンションの東側にあるヤナセ東北の方から見てみました。マンションの東側も薄いネット越しに外装が見えるようになっていました。


北側から撮影。コの字型の中央部分に立体駐車場棟が組み立てられていました。駐車場はもう少し大きくなるようです。


マンションの北側には「KHB東日本放送ぐりりスポーツパーク」や「ゼビオアリーナ仙台」等のスポーツ施設があります。東日本放送は隣接地に移転予定なので、ネーミングライツで命名権を獲得したんでしょうね。


KHB東日本放送の移転予定地の方から撮影。「パークタワーあすと長町」は今年9月30日に完成予定です。