あすと長町のイオン建設予定地にシルク・ドゥ・ソレイユの巨大テントが出現・2019年4月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台市太白区の再開発地区「あすと長町」に青と黄色の巨大なテントが出現しました。


JR長町駅東口の目の前で、駐車場として利用されていた場所です。


カナダのエンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユの最新作「ダイハツ キュリオス仙台公演」のための特設舞台「ビッグトップ」です。昨年2月から東京、大阪、名古屋、福岡と公演し、4月19日から日本での最終公演地、仙台で開幕します。


公演開始まで1週間もないので、ビッグトップはほぼ完成しているようでした。


ここはイオンの商業施設建設予定地で、建設が始まるまでの暫定利用として駐車場になっていましたが、今年の2月頃から駐車場の設備が撤去されてビッグトップ設営の工事が始まりました。


現在も「商業施設建設予定地・管理:イオンタウン株式会社」と書かれた看板が設置されたままになっています。キュリオスの公演が終了したら、また駐車場としての暫定利用が再開されるのでしょうか。


敷地の南側から東側にかけては巨大なパネルが立てられていて、内部が見えないようになっていました。楽屋や舞台裏が見えないようにしているんですね。


東側に回ってみました。こちら側には関係者専用の出入り口が1ヵ所あるだけでした。


IKEAの前から撮影。
以前は、ここから歩いてすぐのゼビオアリーナ東側の土地で公演が行われていましたが、東日本放送新社屋の建設予定地ということで、今年からこの場所での開催になりました。ここもいずれはイオンが建設される予定なので、その後はどこで公演するのでしょうか。仙台市内で巨大なビッグトップを設営できる広さの土地は限られているので、そちらのほうも気になりますね。「シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品、ダイハツ キュリオス仙台公演」は4月19日から5月29日まで上演されます。

※参考サイト
ダイハツ・キュリオス仙台公演公式サイト