パークタワーあすと長町、建設工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の「あすと長町」で建設工事が進む三井不動産レジデンシャルと伊藤忠都市開発の高層マンション「パークタワーあすと長町」の工事進捗状況を見てきました。


5月初めに見た時は、まだ上層階に工事用の防護ネットが残っていましたが、今回見てみたら全て外されて外観が全部見えるようになっていました。


南側にはマンションの別棟として1階建ての建物があり展示棟になっていますが、マンション完成後は商業棟として利用されます。


JR長町駅東口の駅前ロータリーの南側から撮影。駅を挟んだ西側(左側)に見える高層マンションは大京の「ライオンズタワー仙台長町(たいはっくる)」です。

長町駅の商業施設「tekuteながまち」の方から撮影。建物自体は完成していて外から見た限りでは現在は外構工事をしているようでした。


北西側から撮影。パークタワーあすと長町の西側は駐車場になっていますが、ここにも新しい建物が立つようなので、そちらの方は次回見て行きます。


北側から見てみました。凹型の建物の中央に駐車場棟が完成しているようですね。


パークタワーあすと長町は、敷地面積約6,616㎡、建築面積約3,301㎡、鉄筋コンクリート造の免震構造で地上28階建て、高さ92.84m、延べ面積約49,997㎡、総戸数468戸の規模で、今年9月に竣工予定です。