シティタワーあすとレジデンシャル、建設工事の進捗状況・2019年1月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台市南部の再開発地区「あすと長町」で建設中の住友不動産とワールドアイシティの共同プロジェクト「シティタワーあすとレジデンシャル」の工事進捗状況を見てきました。近くには同規模の高層マンションが建ち並んでいますが、写真の向かって左が住友不動産の「シティタワー長町新都心」中央、手前の白くて細い建物が仙台市の復興公営住宅、その奥の黒っぽく見える幅の広い建物が建設中の「シティタワーあすとレジデンシャル」一番右がワールドアイシティの「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS」です。復興公営住宅以外は全て24階建てで高さは80m前後の規模です。


地図で見ると北東の角地に建設されているのがわかります。


ツルハドラッグとドコモショップの後ろに建っているL字型の建物が「シティタワーあすとレジデンシャル」です。


すでに外観は出来上がっているようで、昨年11月に見た時には2基あった建設用のパワークレーンが撤去されていました。


L字型の中心部分には入居者用の立体駐車場の建設が始まっていました。


北東側から見るとスマートに見ますが、北隣にある住友不動産の「シティタワー長町新都心」の南側の眺望を出来るだけ阻害しないようにという配慮でしょうね。


東側から見ると幅が広くて全く違う建物のように見えます。


地上24階建てで高さ80.75m、延べ面積約44,369㎡、総戸数391戸の規模で今年7月31日に完成予定です。平成から新しい年号に変わっているころには「あすと長町」の巨大マンション群の建設が一段落してることでしょうね。