(仮称)ホテル京阪 仙台の建設工事進捗状況・2019年1月

SNSフォローボタン

フォローする


七十七銀行本店ビルの南東側で建設が計画されている「(仮称)青葉区中央三丁目計画」の工事進捗状況を見てきました。


以前は日乃出640駐車場だった場所に、合同会社仙台HK開発が新しいホテルを建設します。


昨年10月に見た時は駐車場だった建物の解体が終わったように見えましたが、現在も地下部分の解体工事が続いているようでした。


ここに建設されるホテルが「(仮称)ホテル京阪 仙台」だということが昨年11月に発表されました。ホテル京阪として東北初進出で直営ホテルとしては全国14店舗目だそうです。2019年1月に撮影した時点では、ホテル京阪の看板等は出ていませんでした。


青葉通側の七十七銀行東隣にも細い土地で繋がっていてエントランスが設けられます。仙台を初めて訪れた人にとっては、こちら側の方が分かり易いので多くの人が利用しそうですね。


建築計画のお知らせの名称も、まだ「(仮称)青葉区中央三丁目計画」のままでした。地上14階地下1階、高さ53.02m、延べ面積約8,350㎡で客室数は200室、2020年夏頃に完成予定です。