グランドメゾン勾当台通ザ・タワーの最新状況・2018年6月

SNSフォローボタン

フォローする


勾当台通沿いに、また建設用クレーンが増えました。前回の「(仮称)プラウド堤通雨宮町Ⅲ」から北へ向かって、すぐの場所です。


ホテルグリーンシティの東側で積水ハウスが建設する高層マンション「グランドメゾン勾当台通ザ・タワー」の工事現場です。


工事現場を囲むパネルに完成予想図が描かれています。


地上24階建てで高さ79.99m、延べ面積約10,825㎡、総戸数92戸の規模は、すぐ近くで建設中の「(仮称)プラウド堤通雨宮町Ⅲ」よりも総戸数が3戸少ないのにも関わらず、4階分、約17m程も高いのでスリムな建物になりそうです。


このあたりは仙台市の景観条例により高さ80m以下に抑えられているので、高さ制限ぎりぎりの79.99mになったのでしょうね。ちなみに直ぐ北側に立っている大京の「ライオンズタワー勾当台通」は条例施行前に建設されたので高さ80mを超える、地上29階建てで高さ103.6mの建物になっています。


現在は2階部分を組み上げているところでしょうか。グランドメゾン勾当台通ザ・タワーは平成32年1月末に完成予定です。


ライオンズタワー勾当台通前の歩道橋から南方向を撮影。
写真向かって右側に上の部分だけ見えるクレーンがグランドメゾン勾当台通ザ・タワーの建設現場で、左側の奥に小さく見えているのが(仮称)プラウド堤通雨宮Ⅲのクレーンです。2年後には、ここから新たな高層マンションが2棟見えることになるんですね。