勾当台通の再開発・プラウド堤通雨宮町Ⅲ(仮称)・2017年11月

SNSフォローボタン

フォローする


勾当台通沿いの場所に新たな高層マンションの計画が発表されました。場所は青葉消防署の北側です。


青葉消防署から北へと向かって最初の交差点の北東角の、三菱自動車の販売店があった場所です。


約1年前に建物が取り壊されて、現在はコインパーキングとして利用されています。このまま数年間は駐車場の状態が続くのかなと思っていましたが、意外に早く計画が発表されましたね。


建築計画のお知らせが掲示されていました。それによると野村不動産がINA新建築研究所の設計で建設する「プラウド堤通雨宮町Ⅲ(仮称)」で、地上20階、高さ65.19m、延べ面積約8,850㎡、総戸数95戸の規模で来年1月に着工、平成32年3月に完成予定だそうです。


建築現場の直ぐ東側に見えるグリーンのパネルは、東北大学農学部雨宮キャンパス跡地の再開発地区です。イオンの大型ショッピングモールが建設される予定なので、買い物はとても便利になりそうですね。


同じ野村不動産が建設していて完成間近の「プラウドタワー仙台勾当台公園」の看板が出ていました。建物の規模は、地上20階、高さ67,98m、延べ面積約7,444㎡、総戸数75戸で、階数は同じものの「プラウドタワー仙台勾当台公園」よりも延べ面積が広くて戸数が多いので若干幅が広い建物になるのかなという感じです。


建築現場の南西側、写真の向かって右奥には三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、銭高組の三社共同プロジェクトの高層マンション「ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンス」が完成したばかりです。延べ面積約15,844㎡、総戸数176戸で、プラウド堤通雨宮町Ⅲよりも2倍近い規模ですが、階数は23階建て高さ75.6mで、高さ的には、そこまでの差は無いようです。


建築現場から北側を見てみました。こちらの方には積水ハウスが新たな高層マンションを建設する計画があります。この数年で勾当台通は高層マンションが立ち並ぶ通りに変貌しそうですね。