仙台医療センター移転新築工事の進捗状況・2018年12月

SNSフォローボタン

フォローする

宮城野区宮城野で新築移転工事が進む「仙台医療センター」の工事進捗状況を見てきました。9月に見た時よりも、外観を覆っていた足場の撤去が進んでいて建物の姿がほぼ見えるようになっていました。


現在の医療センターの南側、宮城野原運動公園の北側の土地で建設されています。

西側の仙台育英学園のほうから見てみました。工事用の足場は低層部分の一部にしか残っていません。地下鉄で来た時は、こちら側から病院内に入ることになるのでしょうか。

南側から見ると高層部分の特徴的なデザインが分りますね。一番上にはヘリポートが設置されています。地上12階建てで高さ50.15m、延べ面積約63,366㎡の規模です。

東側のJR貨物仙台ターミナル駅のほうから撮影。現在は工事関係者の車が止まっている場所が来院者用の駐車場になります。

北側の現在の仙台医療センターのほうから見てみました。敷地を囲んでいた工事用のパネルが撤去されて建物の下の方まで見えるようになりました。

同じく北側の郵便局の前から撮影。建物が複雑な形をしているので見る角度によって全く違った外観に見えるのが面白い(興味深い)ですね。

最近はマラソンや駅伝などの大きな大会のスタートやゴール地点になることが多くなってきた「弘進ゴム・アスリートパーク仙台」の観客席のあいだからも白く輝く建物が目立っていました。新しい「仙台医療センター」は2019年10月31日に完成予定です。