仙台医療センター移転新築工事の最新状況・2018年9月

SNSフォローボタン

フォローする


宮城野区宮城野の宮城野原運動公園北東側で建設工事が進む、仙台医療センターの移転建て替え工事の進捗状況を見てきました。写真向かって左側のレンガ色の建物は仙台育英学園で、右側に少しだけ見えるクリーム色の建造物は弘進ゴム・アスリートパーク仙台(仙台陸上競技場)の観客スタンドです。中央奥に見える建設中の建物が仙台医療センターの新病棟です。


7月に見た時までは3基あった建設用のクレーンが2基に減っていました。建物の躯体は出来上がっているように見えますね。


低層部分に加えて高層部分を覆っていた防護シートも撤去され始めて外観が見えるようになっていました。


建物の南西側上部に書かれた「仙台医療センター」の文字も見えました。


テニスコート側から撮影。まだ南東側の外壁は見えませんね。


建設中の仙台医療センター南東側には一足早く完成して運用を始めているドクターヘリの基地があり、ドクターヘリが待機していました。新しい仙台医療センターとともに災害時の医療拠点として期待されています。


北東側の現在の仙台医療センター側から撮影。地上12階建てで高さ50.15m、保育所含む延べ面積約63,366㎡の規模です。


建物の北東側は上部以外の外観が見えるようになっていました。


JR仙石線の宮城野原駅の目の前の場所なので災害時の拠点だけじゃなく普段の医療施設としての交通の便もよさそうですね。


仙台医療センターの移転建て替え工事は来年2019年10月31日に完成予定です。