国交省東北地方整備局二日町庁舎跡地に2棟の大規模マンションを建設・2018年10月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区二日町の国土交通省東北地方整備局二日町庁舎跡地に野村不動産が2棟の大規模マンションを建設することが明らかになりました。


二日町庁舎跡地の晩翠通側に2枚の「建築計画のお知らせ」が掲示されていたので、右側(南側)の方から見てみましょう。


名称は「(仮称)二日町Ⅱ南計画 新築工事」で、地上20階、地下1階、高さ59.99m、延べ面積約9,308㎡、総戸数94戸のマンションが建設されるそうで、着工が2019年1月7日、完成が2021年3月31日と書かれていました。


北側の建築計画は、名称「(仮称)二日町Ⅱ北計画 新築工事」で、地上24階、地下1階、高さ79.99m、延べ面積約30,215㎡、総戸数246戸のマンションが建設され、こちらは南側よりも遅れて2019年9月1日に着工、2022年3月31日に完成予定です。いずれも野村不動産が建設して、2棟合わせた総戸数が340戸の大規模マンション群になります。


建設予定地の北東側から撮影。
南北に長い敷地を北と南に分けて2棟のマンションを建設する計画で、規模の小さい南計画でも晩翠通沿いに建つマンションよりも大きなものになるようです。


晩翠通の西側から撮影。
規模の大きい北計画の方は景観条例ぎりぎりの高さ79.99mで、246戸の戸数ということで南北方向の幅が長い建物になると思われますが、どのようなデザインのマンションになるのか正式発表が待たれますね。