プラウドシティ仙台上杉山通、建設工事の最新状況・2019年5月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区雨宮町の愛宕上杉通沿いで建設中の野村不動産のマンション「プラウドシティ仙台上杉山通」の工事進捗状況を見てきました。北六番丁通交差点の北西側に建設中の建物が見えました。


3月に見た時には2基のクレーンが稼働していましたが、今回見てみたらクレーンの姿が見えませんでした。かと言って最上階まで組み上がったわけではないようです。


マンションの南側にはイオンモールが建設される予定ですが現在も工事は始まっておらず、東北大学農学部雨宮キャンパス跡地の広大な空き地が広がっている状態が続いています。


「プラウドシティ仙台上杉山通」は敷地面積約7,915㎡、建築面積約3,453㎡、鉄筋コンクリート造・免震構造の地上13階建てで高さ39.95m、延べ面積約21,019㎡、総戸数209戸の規模です。完了予定が平成32年3月31日となっていますが、正しくは令和2年3月31日ですね。


現場に完成予想図が掲示されていました。


完成予想図に近い構図で撮影してみました。画面奥が南方向です。


北側から見てみたら、建設中のマンションの背後にクレーンが折りたたまれていました。自走式のクローラークレーンなので、ゴールデンウィークの連休中は建物の裏に2基並んで置かれていたからクレーンが見えなかったんですね。雨宮キャンパス跡地の再開発で工事が進んでいるのは、このプラウドシティ仙台上杉山通だけなので、早く他のマンションやショッピングモール、病院なども建設が始まって欲しいものです。