プラウドシティ仙台上杉山通の建設工事進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区堤通雨宮町の東北大学農学部雨宮キャンパス跡地で建設中の野村不動産のマンション「プラウドシティ仙台上杉山通」の工事進捗状況を見てきました。


雨宮キャンパス跡地の北東角で愛宕上杉通に面している場所です。


5月初旬に見た時には9階位まで組み上がっていましたが、今回見てみたら最上階の13階部分の工事をしていました。


5月には無かった階数を表示したシートが貼られていて、何階まで組み上がったかが分かり易くなっていました。敷地面積約7,915㎡、建築面積約3,453㎡、鉄筋コンクリート造・免震構造の地上13階建てで高さ39.95m、延べ面積約21,019㎡、総戸数209戸の規模で令和2年1月下旬に竣工、2月下旬に入居開始予定です。


北側から撮影。建設用のクレーンは建物の北側に設置されています。


西側から見てみると建物がL字型をしているのがわかりますね。写真の手前には住友不動産が同規模のマンションを建設する予定ですが、まだ工事は始まっていません。


南側の旧農学部の正門跡から撮影。手前の方にはイオンモールが建設予定ですが、こちらも工事が始まる気配がありませんね。このままだと「プラウドシティ仙台上杉山通」だけが完成しそうですが、雨宮キャンパス跡地の他の再開発工事の動向も注目して行きたいと思います。