プラウドタワー仙台勾当台通の建設工事進捗状況・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区堤通雨宮町の勾当台通沿いで建設中の野村不動産の高層マンション「プラウドタワー仙台勾当台通」の工事進捗状況を見てきました。写真左側(北側)にある8階建てのマンション「ライオンズマンション雨宮第2」の7階あたりと同じ位の高さになりました。


以前は三菱自動車の販売店だった場所で建設中です。東側には東北大学農学部雨宮キャンパス跡地の広大な再開発地区があります。


西側から見てみました。現在は7階位の部分の工事中のようです。


北側から撮影。工事用のシートで建物が覆われていますが、1月に見た時よりも2,3階分くらい高くなったように見えました。


敷地の周囲を囲む工事用のパネルには、37インチ位?の液晶ディスプレイが設置されていて、コマーシャル用の動画を流し続けていました。いわゆるデジタルサイネージが工事現場にも導入されているのがイマドキという感じですね。


東側から見てみました。現場に掲示されている「建築計画のお知らせ」によると、敷地面積約1,358㎡、建築面積約625㎡、地上20階建てで高さ63.19m、延べ面積約8,778㎡、総戸数95戸の規模です。


だいたい2ヶ月で2,3階分位高くなるペースで組み上がっているようですね。「プラウドタワー仙台勾当台通」は来年2020年3月31日に完成予定です。