都市計画道路「宮沢根白石線」浦田工区の南光台トンネルが開通、前編・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


都市計画道路「宮沢根白石線」の浦田工区で工事が進められていた「南光台トンネル」が6月29日に開通したというので見てきました。仙台泉線の北根3丁目交差点を右折して東へ進むと、南光台の付近で新しい道路の案内板が出ていて左折すると国道4号線バイパスへ行けるようになっていました。


宮沢根白石線は仙台市の北部と南部を一直線に繋げる計画の道路で、みやぎ生協南光台店の西側に新しい道路とトンネルが完成しました。


南側の南光台の方から北へ向かって行ってみましょう。


新しい道路の先に「南光台トンネル」の出入り口が見えていますね。


みやぎ生協側の歩道は、まだ工事中だったので道路の左側(西側)を北へ進んで行きます。


左側の道路も工事中でしたが、新しい道路沿いに歩行者用スペースが設けられていたのでトンネルを右に見ながら歩いて行きましょう。


南光台トンネルは車両専用トンネルで北行きと南行きの車線が分かれています。歩行者や自転車は通れないのでトンネルの両脇に作られた道路を通ることになります。


振り返って南方向を見てみました。ここから南側は「宮沢根白石線」の工事が進んでいないので右折して仙台泉線へ誘導するように案内板が出ていました。


トンネル出入り口の上は市営バスの回転場とバス停留所になっています。撮影していた時に、小型の市バス「コミュニティバス」がやってきました。南光台周辺を循環しているようです。


バス停留所の北側は新しい公園になっていました。「南光台やすらぎ公園」と名付けられていました。この下をトンネルが通っているんですね。


南光台トンネルは開通しましたが、周辺の整備工事は今月中は続くようです。


この先は階段を下りて北へ進むことになりますが、トンネルの北側の様子は次回、後編へ続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする