都市計画道路・宮沢根白石線の進捗状況その2「宮沢橋の架け替え工事」・2020年4月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


都市計画道路「宮沢根白石線」の南端で広瀬川を渡る「宮沢橋」の架け替え工事進捗状況を見てきました。橋の右側(上流側)にクレーンが伸びているのが見えますね。


現在の宮沢橋の上流側に新しい橋が架けられますが、その場所で工事が本格化していました。


現在の作業は、地面に鉄の杭を立てているようです。


現場に「下水道工事のお知らせ」と書かれた看板が設置されていました。この場所には新しい橋の橋桁を支える橋台が作られるので、工事に影響のある下水道を移動するなどしているんでしょうか。


橋を挟んだ反対側の下流側でも工事が始まっていました。


こちら側には、工事車両が入ってくるための仮設の道路が作られていました。


宮沢橋の上から見てみました。川に張り出すように仮設の道路が出来ていますね。ここから橋の下を通って工事車両が上流側へ移動できるようになるようです。


現在は、まだ橋の架け替え工事に向けての準備工事の段階のようでしたが、着実に工事は進んでいました。新しい宮沢橋は2024年に開通予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする