シエリア仙台新寺・建設工事の進捗状況・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区新寺の寺院が多く並んでいる場所に、建設用のパワークレーンが設置されました。関電不動産開発が手掛けるマンション「シエリア仙台新寺」の建設工事現場です。


東側の道路「宮沢根白石線」を挟んだ北東側には「ホテルメルパルク仙台」 があり、北側には伊達政宗公が戦に出陣する時に戦勝祈願を行ったという「孝勝寺」があります。


以前は、日本出版販売株式会社のビルがあった場所で建設が進んでいます。


東西方向に細長い土地の東側の方から建物が組み上がり始めていました。


現場に掲示されている「建築計画のお知らせ」によると、敷地面積約1,932㎡、建築面積約1,177㎡、鉄筋コンクリート造の12階建てで高さ40.96m、延べ面積約10,094㎡で総戸数106戸の規模のマンションが建設されます。


現場には完成予想図も掲示されていました。南東側から見たと思われる角度の予想図です。東西方向に幅広いマンションになるようですね。


南東側から撮影。敷地の南側は「新寺小路緑道」と言う名前の遊歩道になっています。遊歩道の南側には「善導寺」があるので、南側が高い建物で遮られることは無さそうです。


西側から見てみました。クレーン左側の奥に見えるビルは「ホテルメルパルク仙台」です。その他、徒歩圏内には「仙台サンプラザ」や生協などがあり、仙台駅東口へも徒歩10分ほどで行ける距離です。寺院が多くて閑静な地区でありながら利便性にも優れている場所ですね。


北西側の孝勝寺側から撮影。関電不動産開発は、このマンションの他にも青葉通沿いで高層マンションを建設中です。更に泉パークタウン第6住区の開発にも名を連ねていて、仙台市内での開発に力を入れているようですね。「シエリア仙台新寺」は2020年2月下旬に完成予定です。