都市計画道路「宮沢根白石線」浦田工区の進捗状況、後編・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


泉区南光台からトンネルを通って国道4号線仙台バイパスへと一直線で繋がる都市計画道路「宮沢根白石線」の浦田工区の工事進捗状況をお伝えする2回目の今回は、南光台から北へ向かって高台の下へ降りて行きます。南光台トンネルの上は「(仮称)南光台やすらぎ公園」という新しい公園の整備工事が5月20日まで続けられるようです。


南光台中学校の北側から仙台バイパス方面へ向かって歩いて行きますが、地図には新しい道路が、まだ書かれていませんでした。


この先は大きな段差があり、車では通り抜けられませんが徒歩では行けるようになっていました。


南光台から北を見ると、ダイシン泉店や食品館イトー、サイクルベースあさひ等のバイパス沿いの店舗が見えますね。歩行者用の階段がトンネルを挟んで東側と西側にありましたが、西側の階段は閉鎖されていたので、東側の階段で降りて行ってみましょう。


南光台トンネルの北側出入り口の上にやって来ました。アスファルトでバスの転回場が作られた南側出入り口の上とは違って、まだ土のままの状態でした。


トンネル横の階段は下の方まで完成していましたが、途中で通行止になっているので、右側に曲がって行ってみましょう。


階段の右側(東側)には、坂の途中の住宅街に行くための階段が作られていました。ここから住宅街の中の道路を通って下まで行きます。


仙台バイパスと合流する手前の道路まで来ました。北環状線の東端で、左側(西側)から来た道路が写真の奥の方に大きく曲がってバイパスと接続します。バイパスに向かう部分は2011年9月に開通した新しい道路です。

その時のレポートはこちら
仙台・話題の現場 REPORT171~県道北環状線が全線開通~撮影2011年9月下旬


ほぼ同じ場所から西側を撮影。写真中央の道路が北環状線で、ここから西へ向かって、八乙女、加茂、長命ヶ丘、川平、中山、吉成と通って、葛岡まで続いていきます。


南側には南光台トンネルの出入り口が見えました。トンネルに向かう道路にはガードレールが置かれていて、まだ通行できないようになっていました。


上の写真は2011年9月に撮影したもので、トンネルが出来る前はこのような急な坂になっていたんですね。


宮沢根白石線の浦田工区は全823mで、そのうちの南光台トンネルの長さは約223m、すでにトンネル自体は完成していて6月に開通予定です。浦田工区の工事が終了すれば、仙台市北部の交通が便利になって車の流れも大きく変わりそうですね。

コメント

  1. やっち より:

    いつも情報更新を楽しみにしています。
    記事の中で、最後の方の「蒲田工区の工事が終了すれば、」のところですが、「蒲田」工区じゃなくて「浦田」ですよね(細かくてすみません)。
    南光台の生協付近と南光台トンネル付近の工事がなかなか終わらないので、いつ終わるのかなぁと通るたびに思っていました。
    トンネルも6月に開通する予定とのこと、だんだん便利になりますね。

    • cooyan より:

      やっちさん、間違いの指摘ありがとうございます。
      「蒲田」ではなくて「浦田」ですね^^;
      該当箇所を訂正しました。