JCHO仙台病院建替整備工事の進捗状況・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


泉パークタウンの紫山で建設中の「JCHO仙台病院」の移転新築工事進捗状況を見てきました。泉西郵便局の方から見ると、建設用の巨大なクレーンが2基設置されているのが見えました。


泉パークタウンの中の企業用地として準備されている区画で建設されています。現在は青葉区堤町にあるJCHO仙台病院(旧仙台社会保険病院)が、ここに移転新築される計画です。


5月に見た時は建設用の巨大なクレーンが1基しかありませんでしたが、今回見てみたら同じタイプのクレーンが2基に増えていました。2基のクレーンの間に新しい病院の建物が組み上がっていくのでしょうか。


反対側の北西側から見てみましたが、まだ建物は組み上がっていないようでした。


現場に掲示されている作業予定によると、躯体工事、コンクリート打設と書かれていたので、そろそろ建物が組み上がってくるようですね。

北側の仙台白百合学園の方に廻ってみたら、工事用のパネルに完成予想図が描かれていました。 「JCHO仙台病院」は敷地面積約68,140㎡、建築面積約8,400㎡、鉄骨造の地上7階建てで高さ34.59m、延べ面積約32,994㎡の規模の新病棟になります。


「JCHO仙台病院建替整備工事」は令和2年7月30日の完成に向けて工事が本格化しています。