泉パークタウン第6住区「朝日」造成工事の進捗状況・2020年9月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


正式名称が「朝日」に決まった泉パークタウンの新しい住宅街「第6住区」の造成工事進捗状況を見てきました。寺岡地区の西側の道路を北へ向かって行ってみたら、直線だった道路が大きくカーブしているのが見えました。


寺岡地区の西側に広がる針生山で造成工事が行われていますが、上ノ原神社の東側の寺岡地区へ右折する丁字路の交差点を変更する工事が行われていました。


寺岡地区の方から撮影。奥にあった山が大きく削られていますね。


朝日地区の南側に新しい道路を作っているようですが、寺岡側の道路と繋げるために交差点の形を変更するようです。


北側から撮影。向かって右側が朝日地区の新しい道路を作るために山を削っている場所です。


造成工事も進んでいて、窪んだ場所や低かった所に盛り土されて全体に均等な形になってきました。


同じ高さの斜面が北へ向かって続いています。「朝日」という名前は、もともと第6住区の造成工事が行われている場所の一部にあった地名で、全く無関係の名前じゃないんだそうです。


さきほど見た、交差点の変更工事のお知らせが掲示されていました。寺岡側の道路が南側に移動するんですね。


2月に見た時は道路と同じ高さの更地になっていて、多くの重機が置かれていた北側の場所まで盛り土されて高くなっていました。


朝日地区の北端の方にも新しい道路が作られていました。ロイヤルパークホテルの北側から続く道路は現在、この場所で南へと大きくカーブしていますが、朝日地区の北側の道路と繋がるようになるみたいですね。


北側から振り返って南側を見てみました。泉パークタウン朝日は一戸建て1965区画の街区で、その中の現在造成工事が行われている東工区は、721区画で2020年に街開きされる予定です。