GSビル跡地の解体工事が終了・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅前の青葉通沿いで解体工事中だった「GSビル」跡地の最新状況を見てきました。


9月に見た時には建物が完全に解体されて跡地を更地にするための工事中でした。その時は敷地の周囲を囲んでいた工事用のパネルが撤去されて中が見えましたが、今回見てみたら再び白いパネルで囲まれていました。解体工事中のパネルよりも、だいぶ低いパネルに変わりましたね。


北西側から撮影。
青葉通と愛宕上杉通の交差点から見ると今まで見たことのない風景に変わっていました。敷地内では何も動きが無くて人の気配もありません。周囲を囲むパネルには工事関係の掲示物などは何もなくなっていて解体工事が終了したようです。


南西側のペデストリアンの上からは、内部が完全に更地になっているのが見えました。赤茶色の土が敷きつめられていて、このまま駐車場として利用できるような雰囲気ですが、今のところ跡地の利用に関する発表はありません。


青葉通を挟んだ北側の「さくら野百貨店」跡とともに今後の動きが注目されますね。


「GSビル」跡地とともにオリックスが所有する隣接地、「仙台ホテル」跡で暫定的に営業している「EDEN」は2022年までテナント契約が延長されているので、「GSビル」を含む一帯の再開発は2022年以降と予想されています。


解体工事が終了した「GSビル」跡地で再開発が始まるまでの約2年間、このままの状態なのか、何らかの利用がされるのか注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする